2016年08月08日

コピカのお盆休みのお知らせ

8月11日(木) ~ 8月17日(水) まではお休みさせていただきます。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
  


Posted by コピカ個別アカデミー at 14:08Comments(0)塾長のつぶやき

2016年08月08日

ロシアのドーピング

リオオリンピックが開幕して、日本人選手たちの活躍が伝えられていますが、それぞれ国の代表として国旗を背負って競技に挑む選手たちのプレーは勝っても負けても観る者に大きな感動を与えてくれます。

オリンピックは4年に一度しか開催されないので、人生に数回しか出場するチャンスがなく、どの選手も死に物狂いで辛いトレーニングを重ねてやっとの思いでオリンピックへの切符をつかんで参加しているのでしょう。

そのような中で、ロシアは国のメンツとオリンピックマネー欲しさに国家ぐるみでドーピングを行って来たことが内部告発を機に明らかになりました。

当然のこととして、ロシア選手のオリンピック出場は認められるものではないでしょうし、国際社会や選手たちも容認できないことと思います。

しかしながら、ロシアは開き直ってIOCに難癖をつけて政治的な圧力によりオリンピック出場を条件付きながら認めさせました。

また、パラリンピックでは全面出場禁止という決定がされましたが、これにも同じように圧力をかけようとしています。

ロシアが今すべきことは、過去のドーピングでの関係国と選手たちへの国家としての謝罪と再発防止策の公表ではないでしょうか。

そうして国際社会からの理解を得て、頭を下げて参加をお願いするのが本来あるべき姿です。

現行犯で捕まった泥棒が、「俺は悪くない、盗まれる方が悪いんだ!」と、胸を張ってと堂々と言ってるようなものです。

国家や人種、宗教などによる価値観の違いはお互いに尊重し理解し合うべきだと思いますが、そういったことを超えて世界中の人たちがスポーツを通して一つになれるのがオリンピックなのではないでしょうか。

それを国家の私利私欲のためにインチキしたロシアの悪行と、バレた後の態度は決して許されるものではないと思います。


  


Posted by コピカ個別アカデミー at 12:39Comments(0)塾長のつぶやき

2016年08月08日

学習机入れ替えました。

新学期以降、塾生の紹介を中心に生徒数が一気に増えまして、とうとう夏休みに入ってこれまで一斉授業に使用していた机では足りなくなってしまいました。

従来は広々としたPCデスクを使用していたのですが、今回は二人掛けの学習用デスクを導入して今までの倍となる20人が同時に授業を受けることができるようになりましたface02

両端にはバックなどをかけられるフックも付いており生徒たちには好評ですicon22

また、この時期は夏期講習の真っ最中で、新しい机も大活躍していますicon133icon63












  


Posted by コピカ個別アカデミー at 11:52Comments(0)塾長のつぶやき

2016年07月26日

ポケモンGO パート2



前回に引き続きポケモンGOについてですが、日本でも様々なトラブルが続発してるようです。
自動車やバイク運転中のゲームで検挙、高速道路に徒歩で侵入、盗撮と勘違いされて傷害事件、ゲーム中に自転車で歩行者と衝突など・・・。

当然予想されることばかりですが。




また、今日の記事では東京電力が原発内でポケモンが現れたことを確認したので削除を要請したとありました。

この記事の真偽のほどは定かではありませんが、なぜ原発にポケモンなのでしょうか? 

こんなくだらないゲームで、利用者を重要施設の原発に行かせる必要があるのでしょうか?

また、交通量が多い市街地やトラブルが予想される駅構内などでプレイさせる必要があるのでしょうか?

ロシアや中国が言っているように、一般人を使ったアメリカのスパイ行為としか思えないようなゲーム設定です。

利用同意文書によると、このゲームで得られた個人情報及び位置情報はアメリカの制作会社のコンピューターへ転送されるようです。

このスパイネタが今時点では現実的ではないとしても、悪意を持ってこのゲームの仕組みを使ったり盗用すれば、スパイ衛星では捉えられない詳細な世界中の様子をリアルタイムに把握でき、レアなキャラクターの出現情報をリークすることで欲しい情報をピンポイントで簡単に収集することもできます。

そして、この情報をもとにテロ行為や軍事攻撃の目標設定など、様々な利用法が考えられます。

考え過ぎなら良いのですが・・・。


なお、このゲームの開発会社はアメリカのグーグルのナイアンティック社で、任天堂は外国人持ち株比率51.27%で日本の会社とは言えない状況です。



ご参考までに、以下はほとんどの方が読まないであろうボケンモンGOの利用同意文書なのですが、「あなたの個人情報や位置情報はアメリカのコンピュータへ転送されますよ」という内容になっています。


本アプリは、位置情報を基にしたゲームです。当社は、お客様(又はそのお子様)が本アプリを利用して、お客様(又はそのお子様) の機器のモバイルオペレーティングシステムを通じて利用できる位置情報サービス(携帯電話基地局による三角測量、Wi-Fiによる三角測量又はGPSを利 用するもの)を使用するゲーム上のアクションを行った際に、お客様(又はそのお子様)の位置情報を収集及び保存します。お客様(又はそのお子様)が本アプ リを利用した場合にお客様(又はそのお子様)の機器の位置情報が当社に送信されること、また、かかる位置情報の一部及びお客様(又はそのお子様)のユー ザー名が本アプリを通じて共有される可能性があることをご理解のうえご了承ください。例えば、ゲームプレイ中に一定のアクションを行った場合、本アプリを 通じて、お客様(又はそのお子様)のユーザー名及び位置情報がゲームプレイ中の他のユーザーと共有されることがあります。また、当社は、お客様(又はその お子様)のために本サービスの改善及びカスタマイズを行うことを目的として、位置情報を使用できるものとします。
― プライバシーポリシー 2. 情報の収集及び使用 e.位置情報

お 客様(又はそのお子様)の個人情報は、お客様の居住する州、省、国又はその他の管轄の外に所在するコンピューターに送信及び保存されることがあります。そ の場合、当該地域のプライバシーに関する法律は、お客様の居住国のものと同等の保護を与えるものであるとは限りません。米国外に居住するお客様が当社にお 客様(又はそのお子様)の個人情報を提供することを選択した場合、当社は、お客様(又はそのお子様)の個人情報を米国へ転送し、米国において処理すること があります。当社がお客様(又はそのお子様)の個人情報をお客様(又はそのお子様)の居住国以外の管轄へ転送する場合は、その安全性に関して適切な保護措 置を講じることを保証します。お客様は、お客様(又はそのお子様)の個人情報を米国に転送しないよう請求することができます。ただし、その場合、当社がお 客様(又はそのお子様)に対して本サービスの一部又は全部を提供できないことがあります。
― プライバシーポリシー 9.国外への送信



※参考記事 「東洋経済オンライン」

ポケモンGO」利用規約に仕組まれた"ワナ"
東洋経済オンライン 7月25日(月)14時0分配信

「ポケモンGO」利用規約に仕組まれた
「ポケモンGO」起動時に表示される画面。毎回必ず、周囲に注意して遊ぶよう注意喚起がされる仕組みになっているが・・・(筆者撮影)
  22日に日本でも公開された「ポケモンGO」が、やはり予想通りの反響を巻き起こしている。スマートフォンを片手に、「ジム」や「ポケストップ」と言われる場所に時間を問わず人が集まるようになっており、もはや社会現象だ。

 しかし、海外では、ゲームに熱中し過ぎて崖から転落したり、人気のない場所で強盗被害にあったりする事例も出ているし、日本でも、バイクを運転中にプレイする人が現れ、違反切符を切られている。子供が事件・事故に巻き込まれる可能性を、不安に思う人も少なくないだろう。

■ 自分で保険に入って損害を回避? 

 販売元であるNiantic,Inc(以下、ナイアンティック社)は「アプリをインストール後、初めて起動する際に利用規約と注意喚起画面を表示し、同意しないと進めないようにする」ことを安全対策としているが、ゲームを始める前に読んでいる人は、果たしてどれだけいるだろうか。しかし、いざトラブルになった時は、これを前提として話が進んでいくことになるので注意が必要だ。

 「安全なプレイ」という表題がつけられた条項では、日本人の感覚からすると驚きの文言がある。「本サービスの利用中にお客様が被る可能性のある損害に関してお客様が合理的に必要であると考える健康保険、損害賠償保険、災害保険、人身傷害保険、医療保険、生命保険及びその他の保険契約をお客様の責任において維持することに同意するものとします」とされているのだ。

 たかがゲームをやるだけで医療保険や生命保険まで入って、自分の損害を守るとはピンとこないかもしれないが、ここまでしてナイアンティック社には責任がないということが強調されている。

 実際に紛争が起きた場合は、さらなるハードルがある。「抵触法を考慮することなく、カリフォルニア州法に準拠する」とし、日本の法律では争うことができないとされている。そして、そもそも訴訟になること自体を回避するため、「仲裁合意」という項目が設けられている。仲裁とは、紛争を第三者である仲裁人の判断に委ね、その判断に従うという合意に基づき紛争を解決する手続のことをいう。

 米国には、クラス・アクションという制度が存在する。これは、個人が、同じような立場にある多数の人々を代表して訴訟提起し、集団的な請求を行うことを可能とするものだ。原告の数が膨れ上がることで、請求が巨額になることがあり、企業にとっては大きな経営リスク。そのため、紛争が起きてもなるべく司法の場に持ち込ませないように考えられている。

 規約の中では、「仲裁人は、弁護士免許を有する引退した裁判官又は弁護士のいずれかとし、当事者によってAAA(米国仲裁協会)の仲裁人名簿から選ばれるものとします」とされているが、IT関連の法務を多く扱う中野秀俊弁護士は、次のように話す。

 「仲裁人は、アメリカの弁護士免許を有する引退した裁判官又は弁護士が勤めるため、ほとんどアメリカ人などの外国人ということになる。原則として書面審査であることが前提となるため、日本人が英語で訴えの書面を作成しなければならず、ハードルは高い。また、仲裁人がアメリカの弁護士免許を有することから、日本人のユーザーとアメリカ企業のどちらを勝たせるか公平性が問題になる可能性もある」

■ 「仲裁オプトアウト通知」とは? 

 ただ、訴訟への道を残す術もある。本規約を最初に承諾した日、つまりゲームをインストールして開始した日から30日以内に、ナイアンティック社に対して電子メールまたは郵便で、仲裁条項を排除する意思表示(「仲裁オプトアウト通知」という)をするのだ。

 日本で「ポケモンGO」が公開されてからはまだ日が浅いため、今なら十分間に合う。しかし、何も知らなければ、ダウンロードしてから1カ月以内にわざわざ通知をする人などほとんどいないだろう。しかも、訴訟への可能性を残したとしても、やはり専属裁判管轄権及び裁判場所は「カリフォルニア州北区に所在する州及び連邦裁判所」とされている。「日本人が通知をしたとしても、有利になるとは言い切れない」(中野弁護士)という。

 「ポケモン」というと任天堂のゲームというイメージが強いが、「ポケモンGO」はグーグルでGPSを活用した社内事業から始まったナイアンティック社が作ったもの。任天堂および株式会社ポケモンは、あくまでナイアンティック社の株主に過ぎず、ライセンサーという立場だ。今回の利用規約をよく読んでみると、他にも「契約社会」アメリカ流の、周到に責任を回避する姿勢が垣間見える。これが有効かどうかはともかく、日本人がいざという時に販売元に何らかの責任追及をしようとしても、簡単ではないということは頭に置いておくべきだろう。

関田 真也

  


Posted by コピカ個別アカデミー at 10:32Comments(0)塾長のつぶやき

2016年07月25日

対照的



佐賀県佐賀市の龍谷高校が、数名の部員の喫煙による部室のボヤで佐賀県大会への出場を辞退した。

甲子園を目指して懸命に練習してきた多くの部員にとっては青天の霹靂だったでしょう。

数名の部員による不祥事がチーム全体の連帯責任として高校球児たちの夢を一瞬にして奪い去ったのです。

試合で負けたのなら力不足として納得もできるでしょうが、「軽い気持ちで吸った」では済まされない大きな代償を負わされました。

この件に対照的なのが国家ぐるみのドーピングが明らかになったロシアで、オリンピック出場を辞退するどころか、確かな証拠を突きつけられてロシア全選手排除の動きに対して「スポーツの政治利用」だとぬけぬけと反論しています。

本来クリーンであるべきスポーツの祭典を、メダルの数にこだわり政府がグルになって政治利用しているのは自分たちではないでしょうか。

過去のオリンピックでロシアのドーピングが判明したものはメダルをはく奪して正規の記録に訂正すべだと思います。

ルールという統一された基準で純粋に競うオリンピックにおいて、ドーピングというルール無視の姿勢はもっと厳しく罰せらるべきではないでしょうか。








  


Posted by コピカ個別アカデミー at 11:06Comments(0)塾長のつぶやき

2016年07月23日

ポケモンGO



世界中でこのゲームが大人気になっているようです。

日本では、昨日から配信がスタートしました。

夏休みに入った子どもたちを狙ったのでしょう。

テレビでもゲームに熱中して大はしゃぎする人たちの様子を報道しています。

現実とバーチャルが混在するスマホの画面を見ながら街中を探索して、「ポケモン」のキャラクターを捕獲するというゲーム。

大人たちも夢中になって大歓声を上げながら熱中していますが、全く理解できないしこのような現象に違和感というか怒りを覚えます。

なぜなら、「歩きスマホは危険だからやめましょう」と散々言われてきたのに、このゲームは歩きスマホで利用することを前提にされているからです。

自転車と歩行者がぶつかる、駅のホームから転落する、自動車と接触するなど、歩きスマホが危険なのは言うまでもないでしょう。

つまり、このゲームは「正しい使い方」をすることで被害者にも加害者にもなり得るのです。

出雲大社や原爆ドームなど祈りの心が集まる場所、公共施設や病院、軍事施設など不注意では済まされない場所もたくさんあります。


まずはこのゲームの製作元に対して、危険な使い方がされると分かっていながらなぜこのようなゲームを配信するのか、事故が発生した場合にはどのような責任をとるつもりなのかを問いたい。
実際、アメリカではパトカーに追突したり不審者として銃撃されたり、世界中で多くの事件や事故が発生していることも報道されています。

次に、利用する人たちが加害者になることは言語道断ですが、被害者になる事は同時に加害者も生むという事を分かって欲しいです。
例えば、歩きスマホで歩行者用の赤信号を無視して青信号の車と接触したら罰せられるのはドライバーなのです。

マスコミは企業の手先となってこのように危険なゲームの宣伝をやめ、個人スペース以外での利用をやめるように注意喚起すべきではないでしょうか。

政府も異例の注意喚起を行っていますが、いっそのこと歩きスマホ禁止の法律を作って欲しいと思います。

子供たちが歩きスマホで交通事故に遭ってからでは遅いのです。


今朝のニュース番組で政府の偉い人が、「精神科医も治せなかった引きこもりの人たちを、このゲームは外に出られるようにしたのだからすごい」というようなことを言われていましたが、なんとも的外れで頓珍漢なことを言うものです。
これまで家の中でやっていたことを屋外でやっているだけで、引きこもりが治って社会参加できたわけではないでしょう。

ロシアではこのゲームは配信されていません。
理由は、民間人を使ってGPSの位置情報により世界中の隅々までスマートフォンで撮影させるアメリカのスパイ活動というとらえ方をしているからだそうです。
だとすれば、駅や空港、政府の建物や公共施設、軍事施設周辺にもキャラクターが出現するのも納得できます。
ちなみに、このゲームの製作会社は任天堂ではなくアメリカの会社です。


最後に、スマホでのゲーム自体を否定するつもりは毛頭ありませんが、このような危険なゲームについて保護者や生徒のみなさんには賢明なご判断と利用をお願いできればと思います。











  


Posted by コピカ個別アカデミー at 10:52Comments(0)塾長のつぶやき

2016年07月20日

ムヒ効きました!


ムヒアルファEXとってもよく効きました。

日曜日の夜から塗り始めて、火曜日の夜にはほとんど痒みがなくなりました。

まだ、1センチ位赤くふくれてはいますが、痛みやかゆみはほぼ無くなりました。

やっぱり、薬の力は凄いですね。

素人療法ではなく、しっかり原因と対策を調べることは大切なんだと思い知らされました。

テストや試験も傾向対策が大事ですよ♪




  


Posted by コピカ個別アカデミー at 10:51Comments(0)塾長のつぶやき

2016年07月18日

足がかゆい

先週の日曜日、ゴルフに行った時のことです

その日はとても暑かったので半袖・半ズボンでプレーをしていましたicon01

私たちは最終組で回っていましたので、終わるころには少し日が落ちていました。

最後のホール辺りで、小さくて黒いハエのような虫が何匹か足にとまって、チクっとするような痛みがありましたicon196

何かなっと思い、手で追い払いながらプレーしていたのですが結局全部で10か所くらいやられてしまいましたicon41

その日は少し赤くなっているくらいで特に痛みやかゆみはありませんでしたが、次の日から5ミリくらいの赤くふくれた所が我慢できないほどに痛痒くなってきましたicon95

しばらくは、適当にかゆみ止めの薬を塗っていたのですが、まったく治りません。

なんか変だなっと思い、ネットで調べてみたら原因は「ブヨ」でした。

※地域によっては呼び名が違う。

このブヨはかなり厄介なやつで、蚊は針を刺して吸血しますが、こいつは皮膚を食いちぎって吸血するそうです。
しかも、痒みや痛みが1,2週間から1カ月も続くことがあるそうですface07

※写真は資料です。

ブヨに噛まれると普通の虫刺されのかゆみ止めはほんどど効かなくて、ステロイド系の薬が良いそうでムカデやクラゲ用の「ムヒアルファEX」がお勧めと書いてあったので早速買って塗りましたが多少かゆみが収まる程度ですicon198

しばらく続けて塗らないとダメみたいですicon11

また、痒いからと思って掻いていると跡が残ってしまうそうですよ。

ブヨは春から夏にかけて、山間部で早朝と夕方に集団で襲ってくるそうですから、特に夏休みは、お祭り、キャンプ、花火大会などブヨの被害に遭う機会が多いので気を付けて下さいねface01


もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞicon135

http://kenkoucheck-navi.com/%E3%83%96%E3%83%A8%E3%81%AB%E5%88%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E8%B7%A1%E3%81%AE%E5%87%A6%E7%BD%AE/
  


Posted by コピカ個別アカデミー at 09:46Comments(0)塾長のつぶやき

2016年07月12日

夏の無料体験実施中です☆



もうすぐ夏休みですね。

今年の夏休みは、3日間短くなっているので宿題は早めに終わらせましょうね。

さて、コピカでは開校10周年謝恩キャンペーンとして「夏期無料体験学習」を開催中ですが、おかげさまで早い時期からのお申し込みをたくさんいただいております。

今のところ、7月の無料体験予約は午前中は満席で、午後からの受付のみとなっております。

先着順にてご希望枠をお取りしておりますので、お早めのご予約をお待ちしています。



「無料体験のご予約方法について」

①お電話にて、こちらにお越しいただく日時のご予約をお願いいたします。
 092-554-1361 受付/平日16時~20時
 ※お越しいただくのは保護者の方のみでも結構です。


②教室見学とお子さまのご様子やご相談事等をお聞きた上で、無料体験の日程をお決めします。


③90分×3回(低学年生は60分×3回)の無料体験を実施。先生との相性や教え方が合っているか等をご検討ください。


④開校10周年謝恩キャンペーン特典でお得に塾デビューできます。


☆ご不明な点やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
  


Posted by コピカ個別アカデミー at 14:14Comments(0)塾長のつぶやき

2016年07月04日

歯が痛い!


※本文と写真は全く関係ありません。

数日前の事です。

晩御飯を食べているときに、突然「ズキッ!!」っと鋭く大きな痛みがicon10

噛むにつれて痛みはだんだんひどくなっていくicon08

数回噛んだ時点で、痛みに耐えきれず食事を断念icon07

一晩寝ても痛みが取れず、翌朝にかかりつけの歯医者さんへ直行icon16

先月、歯の定期検診をしてもらったばかりだったので、先生も「どうしたん?」とびっくりface08

事情を説明して、取りあえず検診とレントゲン撮影icon207

「うーん、歯根もきれいでどうもなってないよ」と先生icon97

でも、痛くて食事もできないんですが・・・icon11

おそらく、食事の時に強く噛み過ぎて神経を刺激したのかもしれないね、と先生icon60

悪い所がないから治療のやりようがないとのこと。

それはそうですね。

でっ、しばらく様子を見ましょうという事で終了。

でも、痛くて右側だけで軽く噛むだけでほとんど飲み込んでの食事icon11

美味しくないicon110

ネットでみたら、先生の言う通りで強く噛み過ぎると痛みが出ることがあるそうで。

以前から強く噛む癖があったので、先生から気を付けるように言われていたのを思い出すicon95

ああ、自業自得だicon198

数日たって、やっと痛みが和らいできた。

病気になってわかる健康のありがたさicon01

健康には日頃から気を付けようと、つくづく思いましたicon64








  


Posted by コピカ個別アカデミー at 20:50Comments(0)塾長のつぶやき

2016年07月02日

東京都地知事選

今朝のテレビ番組で東京都知事の候補者選びの報道をしていました。

候補者として、本人は固辞しているが知名度が高い櫻井パパや態度が煮え切らない地方の知事経験者などいろいろ名前が上がっていましたが、非常に違和感を覚えました。

なぜなら、そのような候補に挙がっている人たちは誰一人として「ぜひやりたい!私に東京を任せてくれ!」と言っている人はいません。

つまり、「あなたなら選挙に勝てそうだし、推薦する我々にもメリットがあるのでお願いできませんか?」というような構図です。

本来選挙とは、都知事をやりたいと自分から手を挙げた人の中から選んで投票するのがあるべき姿ではないでしょうか。

背中を押されて仕方なく出てきたような候補から選ばされるのは、あまりにも有権者を馬鹿にしたやり方ではないでしょうか。

このような中で、小池さんは自分が所属する党にも相談せず、自分の意志で立候補を表明したことは素晴らしいと思います。

私は東京都民でもありませんし小池ファンでもありませんが、このような「志」のある方が何名か立候補されてその中から有権者が良く考えて投票するのが本来の選挙だと思います。

政党や個人の私利私欲から生まれた候補者よりも、公利公欲による「意志」ある候補者に期待したいものです。

子どもたちには、「政治はよくわからないとか、自分には関係ない」と思わずに、政治とは今の自分たちの生活や将来の自分たちの事を決める大事なことだと理解し、わからないことはどんどん勉強してわかるようになって欲しいと願っています。






  


Posted by コピカ個別アカデミー at 09:44Comments(0)塾長のつぶやき

2016年07月01日

イギリスのEU離脱について

例えば日本で、消費税を上げるか下げるかの国民投票をしたとしましょう。

おそらく圧倒的に「下げる」への投票が多いでしょう。

理由は、大きく分けて二つあります。

一つ目は、多くの人は自分の目先の生活を優先させます。

二つ目は、投票できる選挙権があるのは高齢者が多いという事です。

つまり、年金生活者や定年退職を間近に控えた人たちは、増税による将来の社会保障制度の充実よりも今の生活が大事なのです。

ですから、今回のイギリスでの国民投票はこれから社会参加して就労し納税する若者たちの意見は反映されずに、社会保障を受けている人たちの意見が大きく反映された結果なのです。

もちろん、イギリス国内やEU自体にもいろいろな課題や問題もあり、今回の結果について一概に良し悪しの判断はできないと思いますが、国民投票が国民の総意という捉え方はどうなのでしょうか?

イギリスは議会制民主主義発祥の国として、国民から選ばれた国会議員が将来の国益を考えた議論をもっとしっかりすべきだったのではないかと思います。

このようなことが日本においては、人気投票による東京都知事の選び方による失敗に表れています。

多数決で物事を決めても、結果的にそれがすべて正しいというわけではないことを学ぶべきではないでしょうか。

いわゆる、衆愚と言われるものです。

今回、選挙年齢が18歳に引き下げられ、若者の意見も政治に反映されるようになりました。
子どもたちにはしっかり勉強して、何が正しいのか何が必要なのかをきちんと見極められる目を養って欲しいと願っています。






  


Posted by コピカ個別アカデミー at 12:26Comments(0)塾長のつぶやき

2016年06月22日

久々の投稿ですみません

ここしばらく夏期講習の準備などでバタバタしてしまって、ブログを更新できていませんでした。

すみませんicon10

今年の小中学校の夏休みは、中学校は7月21日から小学校は7月22日からなのですが、2学期の始業式は8月29日(月)なんですicon67

なんと、夏休みが3日も短くなっているんですicon11

このラスト3日間というのは、夏休みに遊びまくった子どもたちにとってはすごーく貴重な3日間なんですicon53

なぜなら、夏休みの宿題をこの3日間で仕上げなければならないからですicon56

実は、私も子供の頃はこの3日間に必死でやった記憶があります。当時、絵日記という宿題があったのですが絵は下手なりに何とか書けても天気が困りましたicon01

仕方なく、近所の同級生の家に行って夏休み期間中の天気を教えてもらってやっとで仕上げた思い出があります。

また、夏休みの工作も苦労したものでした。
一番印象に残っているのは、近所のおばちゃんにヤクルトの空き容器をたくさんもらって、それを接着剤でくっつけてシルバーの色を塗ってロボットを作りました。
わりと短時間で簡単にできたのですが、何とそれで優秀賞を頂きましたicon65

こんなのでもらっていいのかなという思いもありましたが、副賞で鉛筆をいただいてすごくうれしかった記憶がありますface02

みなさん、くれぐれも夏休みの宿題は早めに終わらせましょうねicon63face15







  


Posted by コピカ個別アカデミー at 16:25Comments(0)塾長のつぶやき

2016年06月06日

ホームページ表示の不具合について



先月末からコピカのホームページが表示されない不具合が発生しておりました。

皆さまには大変ご迷惑とご不便をお掛けしまして、誠に申し訳ございませんでした。

業者に依頼して調べてもらったところ、レンタルサーバーの更新期限切れだったという事が判明いたしました。

本日、更新手続きを行いまして正常に表示されるようになりましたので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


  


Posted by コピカ個別アカデミー at 20:42Comments(0)塾長のつぶやき

2016年06月01日

大人気 棒アイス



暑くなると食べたくなるのが「棒アイス」ですね。

冷蔵庫で凍らせてキンキンに冷えたアイスを、二つに折ってチューチュー食べるととっても美味しいですよね。

コピカでもこの「棒アイス」を毎年ポイント交換用のおやつとして用意しており、低学年生を中心に大人気です。

さて、この「棒アイス」ですがネットで検索しても「棒アイス」ではヒットしません。

ではいったい正式名称は何だろと思い調べましたが、実は正式名称は特にないようです。

全国各地にいろいろな呼び方があるようですが、全国共通名は「チューペット」というそうです。

元々はこのアイスを最初に発売した会社の商品名だったそうですが、今ではこの会社は製造していないそうです。

ですから、チューペット風とかいろいろ工夫した商品名になっています。

ちなみに、全国各地の呼び名の一例だそうですが、

・チューペット (全国)
・氷ジュース
・広島出身だけどチューチュー
・ポッキンアイス?
・ぽっきん。
・パッキンアイス(福島)
・チュッチュッ棒、チュッチュ(九州)
・貧乏アイス
・ポッキン、ポッキンアイス(新潟・愛知)
・チューチュージュース
・チューチュー棒(中部)
・チューチュー(東京・兵庫・広島)
・シャーベット
・吸うアイス(仙台)
・ポッキンアイス(静岡県)
・ヌンチュク(奈良)
・ポキニコ(岐阜)
・こんこんジュース(岐阜県)
・棒ジュース
・アイスバー
・棒アイスやろ?
・カンカン棒
・ボージュース(大分)

あなたの地元では何と呼んでいましたか?
  


Posted by コピカ個別アカデミー at 15:38Comments(0)

2016年05月30日

オバマ大統領広島訪問





5月27日、オバマ大統領が現職として初めて広島を訪問しました。

オバマ大統領は核兵器の廃絶に向けてスピーチを行いましたが、少し違和感がありました。

核兵器廃絶は手段であって、目標は戦争の廃絶ではないでしょうか。

今も世界のどこかで戦争や内戦、テロが行われてたくさんの方々の命が脅かされ、たくさんの子供たちの未来が閉ざされています。

また先日のニュース番組では、オバマ大統領は核兵器廃絶を訴えながら、核ミサイルの発射ボタンと言われる「核のフットボール」を広島に持ち込んでいたそうです。

それはオバマ大統領の意志ではなくアメリカ合衆国としてのルールなのでしょうが、原爆慰霊碑の前に核の発射ボタンが持ち込まれているという事に重大な危機感というか、これが現実の世界情勢なんだなと恐怖を感じます。

数発で地球を破壊できるほどの威力を持った核兵器によって、世界のパワーバランスが保たれているという事がどれほど危険なことなのでしょうか。

しかも核不拡散条約がありながら、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国をはじめ、イランや北朝鮮、インドやパキスタン、イスラエルなど核開発や核兵器は持った者勝ちになっています。

もしこの兵器がテロ組織の手に渡ってしまたら、いったい誰が対抗できるのでしょうか。

また日本は戦争放棄と言いながらも、現実的には日米安保条約によりアメリカの核の傘で守られているのが現実です。

つまり、日本も間接的には核保有国と言えるのではないでしょうか。

本当の平和とは何なのでしようか?











  


Posted by コピカ個別アカデミー at 21:13Comments(0)塾長のつぶやき

2016年05月27日

天才





ネットで、田中角栄が再び注目されているとの記事があった。

反田中の急先鋒だった石原慎太郎元東京都知事の書いた、「天才」という本が紹介されていたので、さっそくアマゾンで取り寄せて読んでみた。

もともと私は田中角栄が大好きで今までにもいろいろな本を読んできたが、今回のは石原慎太郎が田中角栄の立場になって書いた回顧録となっており、なかなかおもしろい。

田中角栄は1918年新潟に生まれ、1947年28歳で国会議員初当選、1957年39歳で戦後初となる30代の大臣就任(郵政大臣)、1972年54歳で内閣総理大臣となる。

1976年58歳ロッキード事件発覚、その後失脚 

1993年12月16日75歳で死去。

1995年2月最高裁で有罪確定。


田中角栄が総理大臣になる1か月前に発表した、「日本列島改造論」による新幹線・高速道路・空港の交通インフラ整備計画は、今も田中角栄が描いたとおりに全国で実行されつつあり、44年も前の計画が今も実行されているとはすばらしい先見性だと思う。

これまでも田中角栄は金権政治家というイメージで批判されてきたが、戦後日本の高度成長に向けて公共事業を推進したり、40を超える議員立法で新しい価値観を作り出した功績は戦後でダントツ一番の政治家だと思う。

もちろん政治と金の問題はクリーンなことが大切ではあるが、当時は敗戦から12年後の混沌とした時代で、最優先の政治課題は日本国の立て直しだったはずだ。

昨今の小銭で私利私欲を肥やすだけの腐った政治家に比べて、公利公欲により日本の将来を見据えて大きなお金を動かした田中角栄を失ったことは日本にとって国益を大きく損なったと思う。

日中国交回復や独自のエネルギー確保など、アメリカへの依存脱却に向けて着々と手を打っていった田中角栄に対して、日本を属国としておきたいアメリカにとってはたいへんな脅威と映ったのだろう。

そこでアメリカはロッキード社などを巻き込んで一芝居打ち、当時の三木内閣を懐柔して当時としても有り得ないやり方の裁判で強引に退陣に追い込んだ。

当時の田中角栄としては「たった5億円」を自分が知らないうちに、自前で用意した300億円の選挙資金の一部として何者かに紛れ込まされただけである。

残念なが当時の三木内閣は「たった5億円」で天才政治家田中角栄をアメリカに売って、すべて言いなりになる都合の良い属国に成り下がってしまったのである。

だから今も、沖縄の米軍基地や日米地位協定、北朝鮮の拉致問題や核開発、中国の尖閣諸島、韓国の竹島、ロシアの北方領土問題などに対して日本独自の解決策や実行力が全くなく、常にアメリカの軍事力に頼るしかないのである。

例えば、横田めぐみさんたち拉致被害者の方々を取り返すのに一体何年かけているんだと言いたい。
アメリカが関心があるのは北朝鮮の核開発だけで、拉致問題解決には何の国益もないからまともに動くわけがない。
めぐみさんのご両親の心情を思うと、自国民が拉致されたと分かっていながら何十年も無策で無能な政府に心底腹が立つ。
もし田中角栄が総理大臣を続けていたら、拉致問題などはとっくに解決していただろう。

田中角栄は金権政治の悪徳政治家という、マスコミや当時の政府の発表などを鵜呑みにせず、歴史を振り返ることで日本にとって本当に何が正しかったのか考えることも大切なのではでないだろうか。

これから日本の将来をどうすべきかを考えるきっかけにもして欲しいので、興味のある方はぜひ読んでみてください。


目先の小銭をちょろまかして自分の懐に入れているような舛添氏とは、桁違いの政治家ですよ。













  


Posted by コピカ個別アカデミー at 14:48Comments(0)塾長のつぶやき

2016年05月25日

虫怖い



5月も下旬となり気温もグングン上がってきて、そろそろ衣替えの季節ですね。

コピカの教室でも窓を閉め切っていると蒸し暑く感じる日が多くなってきました。

エアコンを入れるほどの暑さでもないので、窓を開けていると「わーっ先生虫がおるー!!」と大騒ぎします。

どんな虫が入ってきたのかと駆けつけると1ミリにも満たない小さな虫が1匹飛んでいます。

「こわいー、こわいー!」と逃げ回っています。

よっぽと虫の方が怖い思いでしょうが、本人たちは必死で逃げ回ります。

その小さな虫を手で払いのけると「先生すごーい!」と驚きの声が。

「うーん!?」

都会の子どもたちは、普段から虫を見る機会がほとんどなく、公園などでも遊ばなくなっているので免疫ができていないのでしょうね。

私は山と川や田んぼに囲まれた田舎育ちなので、虫、蛾、昆虫、爬虫類などがいるのは当たり前でしたが、今どきの子供たちは1ミリの虫さえ怖いようです。

社会に出たら虫よりも怖いものはいっぱいあるのに、これで大丈夫かなと少し心配になってしまいます。

そういう私も、いまだにヘビだけは大の苦手で、見るだけでもぞっとしてしまいます。






  


Posted by コピカ個別アカデミー at 14:04Comments(0)塾長のつぶやき

2016年05月24日

舛添都知事について




以前にもこのブログで取り上げたこの問題ですが、2回目の定例記者会見でも「第三者の厳しい目で調査」と繰り返すばかりで、逃げの一手に徹した感がある。

世論では、舛添都知事は辞任すべきとの声が多いようだが、舛添氏を擁立した経緯や政治的な背景、国政選挙とのタイミング、後任候補者がいないなどの理由ですぐの辞任は難しいようだ。

いずれにせよ、今回の騒動の本質は税金が原資の政治資金を、政治家たちがどのような使い方をしても法律的に問題がないことが最大の問題ではないだろうか。

だから舛添のようなせこい男は、せっかくタダでもらった他人の金だから使わないと損だとしか思わないのだろう。

それを第三者が調査しても、法的には問題ないのだから進退については本人の政治家としての決断に委ねるしかないのだ。

サラリーマンが会社のお金を使って領収書だけ出せば使途を問わずすべて認められるようなものだ。

こんなことは民間なら絶対にありえないし、税務署だって会社の経費としては認めないだろう。

しかし、税金が原資の政治資金は何に使っても合法とは、納税者を馬鹿にし過ぎではないか。

今回の舛添都知事の問題は氷山の一角であり、すべての政治家の収支報告書を精査して公表すべきである。

そして、政治資金の使途に関わる法律を見直して、国民のためになる政治活動にしか認められないように改正すべではないだろうか。

会社や個人のお金は法律で1円まできっちり管理されて徴税されているのに、その税金が腐った政治家たちが私腹を肥やすお小遣いとなっているのが現状だ。

コピカの塾生諸君、しかり勉強して日本の政治を立て直す旗手となれ。





  


Posted by コピカ個別アカデミー at 22:00Comments(0)塾長のつぶやき

2016年05月16日

国会中継を見て



国会中継をテレビで見るといつも思うことがある。

質疑応答中の国会議員のくだらない野次の応酬、居眠り、携帯で通話、スマホいじり、雑談などこれが国民の代表者として選ばれて、日本の舵取りをしている所かと疑いたくなる光景が毎回のようにテレビに映し出されて腹が立つ思いだ。

立法府として本当に国民のことを第一に考えて、一生懸命に仕事をしているとはとても思えない光景だ。

選挙の時の土下座でもしそうな謙虚さはどこへやら、議員席にふんぞり返って偉そうにしているだけ。

与党も野党も、互いに足の引っ張り合いや揚げ足取りばかりで建設的な議論がまったくできていない。

国民の本音は、自分たちの暮らしを良くしてくれるなら総理大臣はサルでもいいのではないか。

人の発表は静かに聞いて、意見がある人は手を上げて質問する。小学生でも知ってることだが国会はできていない。

まさに、日本の国会は「学級崩壊」そのものだ。

いっそのこと、日本もアメリカのように大統領制にした方がましかもしれない。

ピーピー鳴いているだけのヒヨコ国会議員の姿は見たくないものだ。

コピカから、このような国会を正せるような国会議員となる人材を輩出したいものだ。





  


Posted by コピカ個別アカデミー at 21:10Comments(0)塾長のつぶやき